筋トレだけ vs 有酸素運動だけ vs 食事制限だけ!どれがやせる?

こんにちは、ももたろです。

突然ですが、走ると太りやすくなるって知っていますか?

えっ!て思いますよね。

ダイエットといえばジョギングですが、実は走ってやせると大きな落とし穴があります。やせるためには有酸素運動よりも筋トレや食事制限のほうがオススメです。

うさぎ
筋トレよりたくさん走った方がやせるんじゃないの?
絶好調くん
筋トレよりも走った方が消費カロリーは大きいよ!
でも有酸素運動には落とし穴があるから気を付けて!
うさぎ
え。そうなの?
絶好調くん
走ると太りやすくなるって知ってる?
この記事でわかること
  • 筋トレ、有酸素運動、食事制限のどれがやせるのか
  • 有酸素運動の落とし穴
  • 食事制限で気を付けること

スポンサーリンク

       

筋トレだけでやせるの?

「筋トレだけでもやせるのか?」という問いに対しては、『消費カロリー>摂取カロリー』が達成できていればやせていきます。

つまり、筋トレだけしていれば痩せるわけではなく、食事にも気をつける必要があります。

筋トレをたくさんしても、暴飲暴食していたら当然太りますよね。

うさぎ
じゃあ筋トレをしなくても食事だけ
気をつければいいんじゃないの?

確かに筋トレをせずに、食事だけを気をつけても痩せることはできます。

しかし、このブログではダイエットをするのに筋トレもオススメしています。それは、あなたが痩せてカッコいい身体になって、モテるようになってほしいからです。

スタイルのいい芸能人も筋トレをしているので、モテるために筋トレをしましょう。


また、筋トレによって筋肉が大きくなり基礎代謝が上がると、太りにくくやせやすい身体になります。

基礎代謝が上がると、ちょっと動いただけでもより多くカロリーを消費してくれますし、運動していないときも24時間体制でカロリーの消費量が多くなります。

筋トレのメリットは他にもたくさんあるので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

実際にわたしは筋トレと食事制限でやせることができています。

筋トレ以外の運動は全くしていません。

ももたろの『90日間で6.3kgやせたダイエット記録』はこちらの記事に書いてありますので興味があればを参考にしてみてください。

有酸素運動だけをするとやせるが…

有酸素運動は体脂肪を燃焼させる効果があるので、毎日続ければやせる有効なダイエット方法です。

もちろん
消費カロリー>摂取カロリーを守ってください。

       

しかし、有酸素運動をすると、脂肪も落ちますが同時に筋肉もやせ細っていき、ガリガリでメリハリのない老人のような身体になります。

また筋肉が減っていくと基礎代謝が落ちるので、太りやすくやせにくい身体になるデメリットがあります。

マラソン選手を見てみるとよくわかりますが、ガリガリな方が多いです。以下の画像は川内優輝さん(上)と前田穂南さんです。

この投稿をInstagramで見る
 

kyorobo21(@kyorobo21)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る
 

4years.(@4years_media)がシェアした投稿

マラソン選手の方には申し訳ありませんが、一般的にモテる身体、美しいボディというのは筋肉がついたメリハリのある身体ではないでしょうか。

さらに有酸素運動の後はお腹が減りやすくなるので食欲が増えて、結果としてたくさん食べてしまうことにもつながります。

みなさんも、「がんばって30分走ったけど、おなかがすいてたくさん食べてしまった」という経験はありませんか?

今日はたくさん走ったからちょっとぐらい食べてもいいか、という気分にもなりやすいです。

有酸素運動はやせるのには効果的ですが、
きれいにやせないので注意が必要です。

食事制限だけすると起こる悲劇とは?

繰り返しになりますが、食事制限をして『消費カロリー>摂取カロリー』の状態になればやせます。

無理のない適切な食事制限はわたしも賛成です。


しかし、極端な食事制限はほぼダイエットに失敗します。

よくある例は、1日1食にしてみたり、炭水化物をまったく食べない、野菜や果物だけ食べるなどです。

こうしたムリなダイエットはまず続きません。

そして、ムリな食事制限の先にまっているのは『リバウンド』です。

食事制限をすると、栄養不足になったり、筋肉が落ちて太りやすくやせにくい、リバウンドしやすい身体になります。

リバウンドしやすい身体になったところで食欲が暴走すると、ダイエット前よりも太ってしまう悲惨な結果になります。

特に女性の場合はホルモンバランスが大きく崩れて健康にも悪いです。

食事制限はムリのない範囲でおこない、極端な食事制限はダイエットに失敗するのでやめましょう。

わたしのオススメは、おやつをプロテインに変えてみるところから始めるといいと思います。

そのほかにも食欲のコントロールのしかたやプロテインについても書いています。

 

最も効率よくやせる方法

ダイエットを効率よく最速で成功させたいなら、筋トレ、有酸素運動、食事制限の『いいとこ取り』をするのがオススメです。

筋トレと食事制限を中心に行い、適度な有酸素運動を行うと効果的にやせることができます。

有酸素運動は長時間やるとよくないので、20~30分ぐらいにとどめておくといいです。

筋トレと有酸素運動の順番は、『
筋トレ→有酸素運動』の順番でおこなうのがオススメです。

筋トレによって成長ホルモンやアドレナリンが分泌された状態で、有酸素運動を行うと脂肪が分解されやすくなるからです。

そして、『筋トレ→有酸素運動』の順番にはもう1つ理由があります。まずは以下の3つを知る必要があります。

  • 筋トレには『グリコーゲン(糖質)』が必要
  • 有酸素運動には『グリコーゲン』か『脂肪』のどちらが必要
  • エネルギーは『グリコーゲン』→『脂肪』の順に消費される

筋トレ→有酸素運動』の場合、身体にグリコーゲンがたくさんある状態で筋トレができます。

そして、筋トレによってグリコーゲンが身体から消費された状態で有酸素運動をおこなうと、脂肪を効率よく燃焼させることができて効率的です。

『有酸素運動→筋トレ』の場合、有酸素運動によって最初にグリコーゲンが消費されます。

グリコーゲンを使い切ってからようやく脂肪が燃焼されるので、脂肪の燃焼効率は悪くなります。

その後筋トレを行うと、グリコーゲンが不足しているので、筋トレのパフォーマンスが下がります。

筋トレ自体は消費カロリーが少ないので、脂肪燃焼はあまり期待できません。

必ず『筋トレ→有酸素運動』の順番で行いましょう。

       

まとめ

やせかたの注意点
  • 筋トレと適度な食事制限を中心に行い、有酸素運動は補助的に行う。
  • 有酸素運動をやりすぎると筋肉が落ちる

体重を落としたいだけなら、筋トレも有酸素運動も食事制限も効果はあります。

しかし、リバウンドしにくい身体になりたい、モテる身体になりたい人は筋トレをするべきです。

筋トレと食事制限を基本にして、もっとやせたいという人は有酸素運動を取り入れるといいと思います。

その際には『筋トレ→有酸素運動』の順番で行うと効率よく脂肪を燃焼できます。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事