筋トレのやる気が出ないときにオススメの方法を紹介します

こんにちは、ももたろです。

どうしても筋トレしたくない日ってありませんか?

筋トレを続けていると、どんな人でも必ずやる気が出ない日が来ます。「筋トレの楽しさがよくわからないし、そもそもなんで筋トレしてるんだっけ?」と疑問に思うこともありますよね。

しかし、筋トレしたくない日に筋トレできるメンタルがあるとライバルと差をつけることができます。

やる気が出ない日が来たら、筋トレに関するおもしろい名言を聞いたり、筋トレの目標を改めて確認するとモチベーションが上がります。

この記事では、筋トレのやる気の上げ方をご紹介します。

うさぎ
筋肉は裏切らない!

スポンサーリンク

       

Testosteroneさんのおもしろい名言を紹介するよ

Testosterone(@badassceo)さんのツイートはおもしろくて、「筋トレするか!」って気持ちにさせてくれるので一部紹介します。

Testosteroneさんは、アメリカで最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学んだ筋トレのスペシャリストで、筋肉だけでなくユーモアも一流

うさぎ
なんてポジティブなんだ!
うさぎ
自信つけたいけど、筋トレは面倒だなあ。
うさぎ
筋肉の調子ってなんだ?
ちょっと筋トレしてみようかな?
うさぎ
ほう…
メンタル弱い人は
筋トレしたほうがいいのか…。
うさぎ
まずは行動しよう。
うさぎ
筋肉!筋肉!

筋トレのモチベーションを保つ方法

筋トレの名言もやる気が出ますが、ほかのやる気の出し方も紹介します。

筋トレの目的を思い出す

あなたには筋トレを始めた目的がありますよね。それを思い出してみましょう。

 

筋トレをする目的
  • カッコよくなりたい
  • モテたい
  • モデルみたいにカッコいい身体なりたい
  • お気に入りのお洋服をまた着たい
  • 自信をつけたい
  • ストレス解消したい

なんとなく筋トレをしていると「なんで筋トレしているんだっけ?」となるので、定期的に目標を思い出してみるといいですよ。

また、具体的な目標も見直してみるといいです。

例えば、『2週間で1kg痩せる』、『体脂肪率を23%まで落とす』などです。

長期的な目標(例:1年で20kg痩せる)を立てるとイメージがわきにくいので、短期的な目標を立ててみると意欲がわきます。

毎日体重を測る

筋トレをして見た目が変わるには時間がかかります。

そこで、オススメなのが体重を測ってグラフにすることです。体重は毎日変わりますし、客観的にダイエットの成果が分かります。

それに、体重が減らない時期でも「今は停滞期なんだな」と理解することで筋トレを続けることができます。わたしも体重を毎日記録してグラフにしていますが、かなりのモチベーション維持になっています。

わたしの体重のグラフは以下の記事に載せてあります。


体重のグラフを作るともう一ついいことがあります。

それはダイエットのゴールが見えることです。体重のグラフを作ると、痩せるペースがわかってきて『目標の体重まであと何ヶ月かかるか』がわかります。

わたしの場合は、2週間で1kg痩せることがわかりました。

例えるなら、『ゴールがわからないマラソン』と、『ゴールまであと1kmのマラソン』とではどちらが楽に走れるでしょうか。

後者のほうがやる気も出るしラクに走れますよね。目の前にある達成できそうな小さな目標を確認するとあとちょっとがんばろうという気になります。

       

美男美女のカッコいい身体を見る

同性でも異性でもいいですが、美男美女の鍛えられた身体を見るとモチベーションが上がります。

自分もあんなカッコいい身体になりたい!」とか「カッコいい身体の異性にモテたい」と意欲がわいてくるでしょう。

最近はSNSで簡単に美男美女を探せるのでありがたいですね。

お気に入りのトレーニングウェアを着てみる

筋トレのやる気が出ないときは、まずトレーニングウェアを着てモチベーションをあげましょう。

ここで大事なのが、無理に筋トレしようとしないことです。ただトレーニングウェアを着るだけで大丈夫です。

うさぎ
筋トレしなくてもいいの?

トレーニングウェアを着るだけで、せっかくだから少し筋トレしようかという気になります。

メジャーリーガーのダルビッシュさんも推奨の方法です。

筋トレ仲間をつくる

友達でも恋人でも会社の同僚でもいいので、誰かと一緒に筋トレをすると続きやすいです。友達とオンラインで一緒に筋トレしてみるのもいいと思います。

うさぎ
ちなみに友達や恋人がいなくても、
ダンベルが一緒にいてくれる。

まとめ

筋トレのやる気がでないときは誰にでもあるものです。

しかし、ライバルとの差を広げるチャンスでもあります。まずはTestosteroneさんのTwitterをフォローしてみてはいかがでしょうか。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事