一年一万回感謝のスクワットと瞑想を始めました【2021年の目標】

こんにちは、ももたろです。

あなたはもう2021年の目標は立てましたか?

わたしはタイトルにある通り『一年一万回感謝のスクワット』と『瞑想』を始めました。

また、目標の立て方と継続させるコツについても解説しますので、まだ目標が決まっていない方の参考になれば嬉しいです。

うさぎ
『一日一万回感謝のスクワット』?
なにそれ?

スポンサーリンク

       

HUNTER×HUNTERのネテロ会長が行った修行

わたしが今回参考にしたのは、大人気の少年漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンターハンター)に出てくるネテロ会長のとある修行です。

ネテロ会長は肉体と武術に限界を感じたため、新たな修行を行います。

自身を育ててくれた武道への感謝も込めて『一日一万回感謝の正拳突き』を始めます。

わたしはこのシーンが大好きなので、自分の筋トレの参考にすることにしました。

一日一万回感謝の正拳突き
出典: HUNTER×HUNTER (冨樫義博)

己の
肉体と武術に
限界を感じ
悩みに悩み抜いた
結果

彼が
たどり着いた
結果 (さき)は

感謝であった

自分自身を
育ててくれた
武道への限りなく
大きな恩

自分なりに
少しでも返そうと
思い立ったのが

一日一万回感謝の正拳突き!!

出典: HUNTER×HUNTER (冨樫義博)

やり方は、以下の一連の動作を一日一万回繰り返します。

一日一万回感謝の正拳突きのやり方

『気を整え』
『拝み』
『祈り』
『構えて』
『突く』

ただの正拳突きではなく、拝んで祈るところが修行のポイントであり、ネテロ会長らしいです。

最初は一万回突き終えるのに18時間以上かかったそうですが、修行を積んでいくうちに、一万回を1時間で終えるほど速度を増します。

詳しくは『HUNTER×HUNTER』を読んでください。

一年一万回感謝のスクワットのやり方

わたしの目標では、『正拳突き』ではなく『スクワット』を行います。

さらに一日一万回と言いたいところですが、さすがに一日で一万回もできないので、一年間で一万回のスクワットを行うことにします。

名付けて『一年一万回感謝のスクワット』です。

うさぎ
さすがに一日一万回は
つらいよね

『感謝』と名付けましたが、特に拝んだり祈ったりする予定はないです。

毎日スクワットをすると、1日あたり約30回の計算になります。

もしくは、1日100回のスクワットを2日おきに行っても一万回達成できます。

わたしは、自重トレーニングには慣れているので、難しくない目標だと思います。

       

毎日瞑想も行います

先ほど、スクワットのときは拝んだり祈ったりしないと書きました。

しかしわたしはネテロ会長を尊敬しているので、代わりに『瞑想』を取り入れたいと思います。

瞑想は集中力が上がったり、ストレスに強くなることが科学的にわかっています。瞑想のやり方や効果について詳しくはこちらをご覧ください。

最終的には毎日20分以上の瞑想ができるようになりたいです。

しかし、いきなり20分も瞑想するのは難しくて続かないと思うので、最初は朝起きたら姿勢を正して座り、一分だけ呼吸に集中することを目標にします。

スクワットで身体を鍛え、瞑想で心(脳)を鍛えたいと思います。

目標を立て方と継続するコツとは?

目標を立てるコツは、小さい目標を立てることです。

よく、「目標は大きく持て!」なんて言葉を耳にしますが、目標を大きくするとほとんどの方が達成できません。

どんなにいい目標を立てても達成できなければ意味がありませんよね。

目標を達成できない例を紹介します。

うさぎ
痩せるために
毎日腹筋30回、
ランニング30分やるぞ!
うさぎ
参考書を3周するために、
毎日5ページ問題を解くぞ!

このような目標を立てたことある方いるのではないでしょうか?

もし、あなたがこの目標を立てたとすると、達成できる自信はありますか?多くの人が挫折するのではないでしょうか。

この目標を達成できない原因は、最初から大きな目標を立てていることです。

最初は絶対に達成できる小さな目標を立てて、習慣化できたら目標を徐々に大きくしていくと成功できる確率が上がります。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。筋トレやダイエット以外にも応用できます。

まとめ

2021年の目標
  • 一年一万回感謝のスクワット
  • 瞑想を毎朝1分以上行う
  • 瞑想は最終的には20分以上できるようになりたい

目標は最初は小さく始めて、習慣化できたら徐々に大きくしていくときっと成功しますよ。

まだ目標を立てていない方の参考になれば嬉しく思います。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事