プロテインランキング8選!最もコスパのいいプロテインはどれ?

こんにちは、ももたろです。 プロテインを買うときに、どのプロテインを買っていいのか迷うことはありませんか?プロテインは安いものから高いものまであります。どうせ飲むならコスパのいいプロテインを飲んでみたくありませんか? 安くてたんぱく質保有量が多いプロテインを知っておくといいですよ。この記事ではコスパを実際に計算してみました。本記事で計算をしたのはホエイプロテインのみで、ソイプロテイン、カゼインプロテインは計算しておりません。

うさぎ
プロテインってどれがいいの?
絶好調くん
たくさんあって迷うよね!
調べてみるといいよ!
うさぎ
コスパがいいプロテインを調べてみよ。

スポンサーリンク

       

1. 男性も女性も迷ったら『ホエイプロテイン』

ランキング発表の前に、コスパの計算方法を紹介します。興味がない方は飛ばしてください。

1-1. 最初はホエイプロテインを買おう

プロテインにはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3種類があります。種類によってたんぱく質の吸収速度や味、値段などが違うので迷いますよね。ホエイプロテインにもWPCやWPIといった製法の違いもあります。 プロテインを飲む目的や、飲む時間帯によっても変わりますが、迷ったら『ホエイプロテイン』を飲んでください。ホエイプロテインの方がソイプロテインよりもダイエットに有効だということが研究でわかっています。 さらに詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

1-2. コスパのいいプロテインの選び方

いきなりですが、次のようなプロテインA、B、Cがあったとします。どのプロテインがコスパがいいでしょうか? たんぱく質含有率は、プロテインの内容量に対してどれだけのたんぱく質が含まれているかを示す数値です。プロテインAだったら、1050×90% = 945 (g)で、1050gのプロテインに945gのたんぱく質が含まれているという意味です。

プロテインのコスパの計算方法
プロテインのコスパの計算の例

プロテインA、B、Cを比較するときに、『内容量』も『たんぱく質含有率』も『値段』もバラバラだと比較できないですよね。そこで『たんぱく質1gあたりの値段 [円/g]』をコスパと定義します。

コスパの計算式

たんぱく質1gあたりの値段 [円/g] = 値段 [円]÷(内容量 [g]×たんぱく質含有率÷100)

たんぱく質1gあたりの値段(表のピンク色の部分)は『プロテインAが3.70円』、『プロテインBが4.10円』、『プロテインCが3.91円』になります。 つまり、最もコスパがいいのは『プロテインA』です。 このような計算方法で実際のプロテインも計算していきます。

2. プロテインランキング発表!

コスパのいいプロテインランキングを作りましたが、以下の注意点があります。

注意点
  • プロテインの内容量は1kgのものを選んでいる
  • Amazonでの値段を参考にしている
  • 値段は時期によって変わる可能性がある
  • たんぱく質1gあたりの値段のみで比較してランキングを作った
  • ランキングとプロテインの品質は関係ない
うさぎ
それではランキング発表!

【第8位】ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg
ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg
特徴
  • コスパ = 5.73 [円/g]
  • 製造過程で熱処理が少なくて栄養豊富で高品質
  • 乳糖が極めて少ないので『乳糖不耐症』のかたも安心
  • 品質にこだわっているので値段は高め

【第7位】ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン【50回分】 1,050g

明治 ザバス ホエイプロテイン100 リッチショコラ味【50食分】 1,050g 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ヨーグルト風味【50食分】1,050g

特徴
  • コスパ = 5.45 [円/g]
  • メジャーリーガーの大谷翔平選手が宣伝しているプロテイン
  • 味がおいしくて飲みやすい
  • 含まれるたんぱく質は少なく、コスパは良くない

【第6位】ビーレジェンド ホエイプロテイン ナチュラル 1Kg グラスフェッドホエイ使用

ビーレジェンド ホエイプロテイン ナチュラル 1Kg グラスフェッドホエイ使用の画像
ビーレジェンド ホエイプロテイン ナチュラル 1Kg グラスフェッドホエイ使用
特徴
  • コスパ = 4.64 [円/g]
  • 甘すぎないので、トレーニング後でも飲みやすい
  • 泡立ちが少なく、溶けやすい。

【第5位】FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPI (プレーン)

FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPI (プレーン)の画像
FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPI (プレーン)
特徴
  • コスパ = 4.30 [円/g]
  • 竹のデザインが素敵
  • WPIは値段が高くなりがちだが、このプロテインはWPIの中では値段が安め

【第4位】マイプロテイン ホエイ・Impact ホエイプロテイン (ナチュラルバナナ, 1kg)

マイプロテイン ホエイ・Impact ホエイプロテイン (ナチュラルバナナ, 1kg)の画像
マイプロテイン ホエイ・Impact ホエイプロテイン (ナチュラルバナナ, 1kg)
特徴
  • コスパ= 4.27 [円/g]
  • このプロテインはオススメしている人が多く、人気がある
  • 味が豊富にあるので、飽きずに楽しめる

【第3位】FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPC (プレーン)

うさぎ
ここでコスパが一気に上がります。
FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPC (プレーン)の画像
FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン THINK SIMPLE 1kg WPC (プレーン)
特徴
  • コスパ = 3.35 [円/g]
  • プレーンのWPCなので苦手な人は飲みにくい
  • 人工甘味料、香料、着色料がはいっていないので、健康が気になる方にはオススメ
  • 和風のデザインが素敵。

【第2位】【Amazon.co.jp限定】バルク ホエイプロテイン ナチュラル 1kg (33回分)

【Amazon.co.jp限定】バルク ホエイプロテイン ナチュラル 1kg (33回分)の画像
【Amazon.co.jp限定】バルク ホエイプロテイン ナチュラル 1kg (33回分)
特徴
  • コスパ = 2.58 [円/g]
  • 人工甘味料、香料、着色料は入っていない
  • 溶けにくい泡立ちやすいとの声もある
  • コスパがとてもいい

【第1位】リミテスト ホエイプロテイン 工場直販 国産 WPC PURE 1kg プロテイン LIMITEST (プレーン, 1kg)

リミテスト ホエイプロテイン 工場直販 国産 WPC PURE 1kg プロテイン LIMITEST (プレーン, 1kg)の画像
リミテスト ホエイプロテイン 工場直販 国産 WPC PURE 1kg プロテイン LIMITEST (プレーン, 1kg)
特徴
  • コスパ = 2.30 [円/g]
  • 人工甘味料、香料、着色料全て未使用
  • コスパが良く堂々の1位

3. まとめ

調べたプロテインをまとめて表にしておきます。プロテインにはいろいろな種類があるので、買うときの参考にしてみてください。

プロテインのコストパフォーマンスを比較した表
ホエイプロテインのコスパの比較

わたしは、SAVASとFIXITのプロテインは飲んだことがあるので、その感想を以下の記事に書いています。よかったら参考にしてみてください。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事