ソイプロテイン(プレーン)を劇的に飲みやすくする方法

こんにちは、ももたろです。

ソイプロテインが思ったよりも飲みにくくて困っていませんか?わたしもプレーンのソイプロテインを飲んでいますが大豆のにおいが強くてかなり苦手です。

そこでプレーンのソイプロテインを飲みやすくする方法を編み出しました。

スポンサーリンク

       

ソイプロテインとホエイプロテインを混ぜるだけ

わたしはホエイプロテイン(プレーン)とソイプロテイン(プレーン)を1:1の割合で混ぜて水に溶かして飲んでみました。

ソイとホエイを混ぜて飲んだ感想は、ソイプロテイン単体のときよりもかなり飲みやすくなりました。飲んだ感じは粉っぽい感じでしたが、大豆独特のにおいが消えて普通に飲めるようになりました。

ソイプロテイン単体のときは覚悟を決めて鼻をつまんで飲んでいましたが、ホエイプロテインと混ぜることで一気に飲みやすくなったのでオススメです。

飲みやすさを比べると、ホエイプロテイン>ホエイプロテイン+ソイプロテイン>ソイプロテインという順番です。(ホエイプロテイン単体が一番飲みやすい)

それでも飲みにくい人はソイプロテインの割合を減らしてみて、ホエイ:ソイ = 2:1で飲んでみてください。

ソイとホエイを混ぜる栄養面の『メリット』

ホエイプロテインとソイプロテインを混ぜると飲みやすくなるだけではなく、栄養がバランス良く摂れるというメリットもあります。

アミノ酸のバランスがソイとホエイで違うので、ホエイプロテインとソイプロテインを混ぜることでアミノ酸のバランスが良くなります。

ホエイプロテインはアルギニンが少なく、ソイプロテインはアルギニンが多く含まれています。

アルギニンの効果
  • 成長ホルモンの合成を促進
  • 脂肪の代謝を促して筋肉組織を強化
  • 免疫機能の向上
  • 血流改善
  • 男性機能の改善

またホエイプロテインはメチオニンが多いが、ソイプロテインはメチオニンが少ない。

メチオニンの効果
  • 記憶力の向上
  • 認知症の予防・改善
  • 細胞の老化抑制や免疫力を高める効果
  • セレンを運搬する働きがあり、体内の抗酸化作用を高める
  • コレステロールを減らす
  • 肝機能改善
  • 免疫増強作用

ソイプロテインがまずくてなかなか飲めずに余っていた方は、ぜひホエイプロテインと混ぜてみてください。

ソイとホエイを混ぜる『デメリット』

ホエイプロテインとソイプロテインを混ぜるとデメリットもあります。ソイプロテインは消化を悪くする『ベータコングリシニン』というトリプシンインヒビター(たんぱく質消化酵素を邪魔するものという意味)が入っています。

ホエイとソイを混ぜるとアミノ酸のバランスは良くなるが、消化はゆっくりになります。血中アミノ酸濃度を上げたい場合はホエイプロテイン単体で飲むほうがいいでしょう。

しかし、筋トレガチ勢の方でなければ気にする必要はないと思います。

つまりダイエットをしたい場合はホエイ+ソイで飲んで、バルクアップしたい(身体を大きくしたい)場合はホエイプロテインだけで飲むほうがいいと思います。

プレーンならJAPAN NUTRITIONがオススメ

わたしが飲んでいるソイプロテインとホエイプロテインを紹介します。わたしがプロテインを選ぶ基準は以下の通りです。

ももたろがプロテインを選ぶ基準
  • 人工甘味料が含まれていない(プレーン)
  • たんぱく質含有量が多い
  • 安い

プロテインはこれからもずっと飲むものなので、人工甘味料が含まれていないものを選んでいます。(たまには人工甘味料の入ったものを飲むことはあります)

また、ホエイプロテインに関してはWPIのほうがたんぱく質含有量が多いですが値段が高いので、わたしは安価で買えるWPCを選んでいます。

これらを踏まえてわたしは以下のプレーンのプロテインを主に飲んでいます。安くてたんぱく質含有量も多いので買いやすいと思います。

プレーンが苦手な方はフレーバータイプが飲みやすい

最近はわたしはあまりフレーバータイプは飲んでいませんが、過去に飲んでおいしかったフレーバータイプのプロテインを紹介します。こちらは人工甘味料は入っていますが、値段が安く美味しいものを選んでいます。

FIXITのプロテインはどの味も美味しかったです。プレーンがどうしても苦手な方はフレーバータイプを飲んでみるといいと思います。ジュースですと出されてもプロテインだとわからないぐらい美味しかったです。

まとめ

まとめ
  • ホエイプロテインとソイプロテインを混ぜると意外と飲みやすい
  • 栄養的にもホエイとソイを混ぜるのはオススメ

ホエイとソイを混ぜると意外と飲みやすくて驚きました。ソイプロテインの味が苦手だけどソイプロテインを摂取したい人はぜひ試してみてください。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事