【若さを保つ秘訣】28歳が高校生に間違えられるももたろが行っている習慣とは?

こんにちは、ももたろです。

あなたは『若い』って言われることはありますか?年齢の割に若く見える方っていますし羨ましいですよね。

わたしは28歳ですが、高校生に間違えられることがたまにあります。お酒を買うときに身分証を求められたことがあります。悪く言えば子供っぽい、良く言えば若いってことですかね。

この記事では高校生に間違えられるわたしが行っている習慣を紹介します。

スポンサーリンク

       

筋トレ

現代人はどうしても運動不足になりがちですよね。

運動不足になると筋力が低下し、やる気の源であるテストステロンが減少していきます。そこでわたしは筋トレは最低でも週に2〜3回行っています。あまりきつい筋トレをすると続かなかったり、逆にストレスになるので適度にほどよく筋トレを行うのがおすすめです。

鍛えるというよりも運動不足を解消するという気分のほうが続きやすいです。

筋トレ初心者の方はスクワットから行うと効率よく筋肉を鍛えられます。筋トレのやり方は過去に紹介していますので参考にしてみてください。

プロテインを飲む

わたしたちの皮膚や髪の毛、爪などはたんぱく質からできています。つまり、これらをきれいに保つためには十分な量のたんぱく質が必要です。

わたしは毎日人工甘味料の入っていないプロテインを飲んでいます。人工甘味料の入ったプロテインは美味しいですが、腸内細菌のバランスが悪くなるという研究もありますのでわたしは人工甘味料の入っていないプレーンのホエイプロテインを飲んでいます。

朝起きて白湯を飲む

寝ている間に身体は水分を失っているので、朝起きたら水分補給のために白湯を飲んでいます。冷水だと内臓がびっくりしますのでぬるめのお湯か温かいお湯を1杯飲んでいます。

また、朝に限らず水分はこまめに取るように意識しています。

       

ナッツを食べる

ナッツは栄養が豊富でスーパーフードと呼ばれています。ビタミンやオメガ3、亜鉛、カルシウム、ナトリウムなどの栄養が豊富です。

わたしはカシューナッツ、生くるみ、アーモンドをそれぞれ3〜4粒ずつ、合計で10〜15粒のナッツを毎日食べています。ただし、ナッツはカロリーが高いので食べすぎには注意が必要です。

ナッツの種類や効果については下記の記事に書いてあるので参考にしてみてください。

白砂糖をとりすぎない

白砂糖は身体にも悪いですし、依存性があるのでなるべく摂取しないように気をつけています。砂糖は暴飲暴食のきっかけにもなります。また、砂糖によって血糖値が乱高下するのでイライラしたり余計に甘いものが食べたくなったりする原因にもなり注意が必要です。

よく寝る

睡眠は健康の基本ですよね。夜ふかしをせずに眠くなったら寝るようにしています。よく寝ることで身体のホルモンが整えられメンタルの安定につながります。

毎日納豆を食べる

納豆も健康食品として有名ですよね。たんぱく質などの栄養が豊富なので毎日ご飯にかけて食べるようにしています。納豆は3パック100円以下で買えるのでお得です。

デンタルフロス

これは若々しさとはあまり関係ないと思います。

若いうちはあまり気にならないかもしれませんが、元気な人は歯の健康も大切にしています

『毎日歯磨きしているよ』という人も、実は歯磨きだけでは足りません。歯磨きに加えてデンタルフロスがおすすめです。歯医者さんがデンタルフロスを勧めているので間違いないと思います。

歯医者さんによると歯間ブラシよりもデンタルフロスのほうが汚れがしっかり取れるそうです。しっかり歯を磨いたあとでもデンタルフロスを使うと意外と歯に食べ物が挟まっています。マウスウォッシュも使うとなおいいでしょう。

タバコとアルコールは摂取しない

たばこは身体に悪いですし、においも嫌いなので人生で1度も吸ったことはありません。アルコールはお祝い事や自分へのご褒美で飲むことはありますが、普段飲むことはありません。ちなみに、わたしは安いお酒を毎日飲むよりも高いお酒を年に1度飲みたい派です。

まとめ

28歳なのに高校生に間違えられるわたしが行っている習慣を紹介しました。

これを行えば若返るというわけではありませんが参考にはなると思います。簡単にできるものばかりなのでできることからやってみてはどうでしょうか?

まとめ
  • 筋トレを週2~3回行う
  • プロテインを飲む
  • 朝起きて白湯を飲む
  • ナッツを食べる
  • 白砂糖を摂らない
  • よく寝る
  • 納豆を毎日食べる
  • デンタルフロスをする
  • たばことアルコールは摂取しない

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事